夢の注文住宅を手に入れよう~ドリームハウ住~

施工会社を選ぶ

オシャレな家

西宮で注文住宅を建てる場合は、施工会社を探す必要があります。施工会社は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3種類が代表的です。同じ施工会社でも、種類が変われば特徴が大きく変わるので注意が必要です。特徴を理解して、施工会社を選ぶようにしましょう。なるべく早く引き渡しをしてほしいと思う場合は、ハウスメーカーが良いです。ハウスメーカーは、デザインや間取りを事前に設計していて、それを組みわせて間取りを作っていきます。営業や受注などは自社で行っていますが、施行は下請けの工務店に依頼しているのが多いです。建材は自社の向上で大量生産しているため、材料費は安い場合が多いです。このような特徴があり、品質が安定していたり、アフタサービスが充実してたりというメリットがあります。しかし、部材や間取りはあらかじめ決めらているので、自由度は下がってしまいます。また、工務店よりも相場が高いという注意点があります。

西宮の気候や風土に合った注文住宅を建てたいと考えるなら、工務店が良いです。工務店は地位密着型なので、気候風土を理解して家を建ててくれます。口コミで集客をしているので、中小企業の場合でも、信頼できる会社が生尾です。ハウスメーカーよりも自由なプランが建てられますし、安い費用で家を建てられるというメリットがあります。しかし、工務店によって提案力や技術力に大きな差があるので、会社選びに注意する必要があります。せっかく西宮に注文住宅を建てるから、個性的な家にしたい、隅々までこだわりたい、と考えるなら設計事務所に依頼した方が良いです。設計事務所は、設計は建築家が行い、施行は工務店が行います。建築家が設計するので自由度が高く、狭小地や変形地などの土地にも対応しています。こだわりの家を造ることができるのですが、その分長い期間がかかることもあります。このように、それぞれメリットが異なっているので、どの施工会社が1番良いというのはありません。どのような家づくりをしたいのかを考えると、それに合った施工会社が見つかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加